Tag Archives: Fate/Zero

Fate/Zero』ライダーとウェイバー

澄んだ空気と美しい景色に癒される! 2012年5月3日~5月5日の期間、徳島県徳島市で開催されているアニメやゲームなどのエンターテインメントイベント”マチ★アソビ vol.8″. 期間中、眉山ロープウェイ内で流れる『 Fate/Zero 』ガイダンスを聴いてきました. 徳島市のシンボルである眉山. どの方向から眺めても眉の姿に見えることからその名がついたという. マチ★アソビ期間中、眉山のふもとと頂上を往復するロープウェイ内では、『 Fate/Zero 』ライダー(声: 大塚明夫)とウェイバー(声: 浪川大輔)によるガイダンスが流れる. なお、この豪華声優によるロープウェイガイダンスはマチ★アソビ恒例で、vol.1から実施されている. これまでは、坂本真綾、近藤隆、水樹奈々、豊崎愛生、鈴村健一、沢城みゆき、堀江由衣、川澄綾子、小山力也らが担当した. 青い空、緑の山. ロープウェイの往復チケットを購入すると、キャラクターデザイン・作画監督の碇谷敦氏描き下ろしイラスト&キャストふたりのサイン入りポストカード、または複製色紙がもらえる. ロープウェイに乗ると、さっそくふたりの掛け合いが始まる. 徳島を征服しようとするライダーをウェイバーが抑えつつ、徳島の歴史や名物を紹介していく… という内容だ. もちろん、行きと帰りで内容は異なるものになっている. ロープウェイの中からの眺め. 頂上到着. 展望台に至るまでの道の壁には、ufotableが手掛けた歴代の阿波おどりポスターが飾られている. ugg クラシックミニ 頂上から徳島市を一望. 眉山内の駐車場. 秋のマチ★アソビでは、ここがステージになります. 参考までに、去年の秋のマチ★アソビの様子. マチ★アソビ期間中のロープウェイ乗り場は混むので、乗るまでに多少待つ必要があるが、楽しいガイダンスと美しい景色は味わう価値あり. おそらく次回以降のマチ★アソビでも行われるであろうロープウェイガイダンス. 訪れる予定の人は、ぜひ体験してみてほしい.

2012年春放送のアニメランugg 激安キング☆

こんにちわ! 齋藤でございます. さぁさぁ、アニメも新作が出始める時期になりまっす! 4月以降の新作アニメをランキングにしてしまいした. アニメ動画配信サイトのアニメワンがユーザーを対象に行った「2012年春季放送アニメ 注目度ランキング」の結果が発表されました. 今回は注目作品が多いからか、非情に僅差のバトルとなり、なんと1位から4位までの票差はわずか6票. この激戦を制したのは「 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 」でした. 弊社としては、グッズが売れるのか? といったところが重要になってくるとは思いますが、 個人的には、面白いのか? といったところが重要で、 ビジネス関係なく、気になるところ. ※MONOTONEより という事で、サクッとご紹介して参りましょう. ◆1位: 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A  (655票) 1位に輝いたのは、女子高生たちがインターハイ優勝をかけて戦う麻雀マンガ「咲-Saki-」のスピンオフ作品「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」. 本編のメインキャラで中学時代にインターミドル優勝経験のある原村和が転校前に在籍していた阿知賀女子学院を舞台としていて、インターミドルでの和の活躍を見た旧友たちがもう1度和と戦うために全国大会を目指していく物語です. 御存知の人気タイトルです. スピンオフとはいえ、やはりみなさん期待を持っていろうようです・ ◆2位: 氷菓  (652票) 1位と3票差の2位は、「けいおん! 」や「らき☆すた」「CLANNAD」といった作品を手がけた人気のアニメーション制作会社・京都アニメーションの最新作「氷菓」. 名前を出すだけで期待される会社というとスタジオジブリが代表的ですが、テレビアニメなどでも同じように期待される会社はまれです. 原作は米澤穂信の同名小説で、2001年に刊行されているわりと古い作品. 京都アニメーション製作とあらば、それは期待せざる負えないですね! ◆3位: Fate/Zero 2ndシーズン  (651票) 2位とはわずか1票の差だった3位には「Fate/Zero 2ndシーズン」が入りました. タイトルの通り、2011年10月から12月にかけて放送されたテレビアニメ「Fate/Zero」の続き(2クール分ある作品を1クールずつ分割で放送). 手に入れれば何でも願いを叶えることができるという「聖杯」をめぐり7人の魔術師(マスター)と、マスターによって呼び出された7人のサーヴァントたちの戦いを描いています. PCゲームなど幅広く人気を集める作品. ◆4位: 秘密結社 鷹の爪 NEO  (649票) そこからさらに2票差で続いたのは「秘密結社 鷹の爪 NEO」. 万年金欠気味な秘密結社鷹の爪が、正義の味方デラックスファイターに邪魔されつつもけなげに世界征服を目指していくというギャグアニメで、キャラクターたちはこの作品を飛び出し、TOHOシネマズの映画上映前に流れるマナームービーや旅行代理店HISのCMなどで活躍しています. 新シリーズは 特報映像でも告知された とおり、まさかのNHKでの放送ということで注目が集まっています. ◆5位: これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド (444票) 「これゾン」の愛称があるライトノベルシリーズのアニメ第2期. 2011年1月から3月に第1期「これはゾンビですか? 」が放送されている. 作風はラブコメながら、主人公はゾンビなのでどれだけ体をボロボロにされても死なずに再生し、たびたび致命傷を負わされています. う~ん. いつみても清々しいFLASH感. ◆6位: めだかボックス  (401票) 週刊少年ジャンプ連載のマンガをアニメ化した作品. マンガの原作・原案を、「化物語」などの シリーズや「戯言」シリーズなどで若年層を中心に人気の高い小説家、西尾維新が担当しており、言葉遊びやパロディなど、西尾維新らしさが散りばめられています. 人気作品ということで「待望のアニメ化」と表現すべきところなのですが、序盤は連載時にもかなり好き嫌いが分かれた部分があり、また、なかなか期待されているレベルの映像化はできないのではないかということで、不安視する声も囁かれています. めだかの唯我独尊プリがテレビに! ◆7位: アクセル・ワールド  (369票) 電撃小説大賞を受賞した川原礫のライトノベルが原作. もともとは小説投稿サイトで発表された作品で、川原さんはほかに「ソードアート・オンライン」も連載しており、これを見つけた電撃文庫編集部が声をかけて出版することになったという経緯があります. アニメの主人公は整った容姿で描かれることが多いのですが、本作の主人公であるハルユキは太り気味のいじめられっ子で、アニメ化するにあたって格好良くするかどうかを検討した結果、そのままゴーという結論になったとのこと. 大人気のラノベのアニメ化! 弊社としてもかなり期待しています. ◆8位: エウレカセブンAO  (333票) 2006年から2007年にかけて1年間放送されたアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の続編. 作中時間も繋がっているものの、前作を知らなくても楽しめるような作りになっているそうです. 竹田靑滋プロデューサーのによると 、内容はかなりとんがった作品になっていて、世界情勢が緊迫するこの時期の放送はちょうどよいのではないかとのこと. 前作が好きすぎてしょうがない. サブカルチャーに焦点をあてていたり、他のアニメとは一味もふた味も違う作品です. この続編が、吉と出るか凶と出るか? ◆9位: 坂道のアポロン  (285票) 1966年を舞台に、ジャズにはまった思春期の高校生たちの青春模様を描いています. 原作マンガは第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞. アニメ化スタッフは監督が渡辺信一郎、音楽が菅野よう子という「カウボーイビバップ」のコンビ. どんなオシャレ音楽が作品を彩るのかに期待が集まります. カウボーイビバップのコンビというのは、熱い! めちゃめちゃオシャレなジャズが聞ける予感です. ◆10位: 這いよれ! ニャル子さん  (251票) ラヴクラフトのクトゥルー神話をモチーフにした「名状したがたいアニメ」. ヒロインの銀髪美少女は「這いよる混沌」ニャルラトホテプ(略してニャル子)、さらに「生ける炎」クトゥグア(クー子)、「名状しがたきもの」ハスター(ハス太)と、邪神やら何やらが勢揃い. ラヴクラフトにかけてラブ(クラフト)コメディと表現されています. ※GIgazineより 担当者一押しのアニメ! ラヴクラフトのクトゥルー神話をモチーフにしているとの事. 調べてみる価値あるかもですね~ とまぁ、先週末に 東京国際アニメフェア に出展してみて感じたのですが、まだまだアニメ業界は、 元気になっていく可能性があると感じました. 今後もたくさんのアニメに関わって行けるよう願って頑張っていきます! ありがとうございます.