2010年はロックの年! ! ?

どうも~! ロケットワークスのnoriです. 今回は2010年に起こりうるであろう「 ロックブーム 」を 先取り して特集しようと思います! 今回 キー になるのは 2本の映画 ! ! どちらも来年公開予定です! 1本目の映画は「 BANDAGE バンデイジ 」! ! 主演はあの人気アイドルグループ KAT-TUN の 赤西仁 さん! ! この映画製作の発端となったのは「スワロウテイル」で一世を風靡した映画監督・岩井俊二. アマチュア作家の小説をもとに脚本を執筆した岩井は、同作や「リリイ・シュシュのすべて」で音楽を担当、 Mr.children・レミオロメン などの人気バンドの音楽プロデューサーでもある盟友・ 小林武史 に共同プロデュースと監督を依頼した. 映画での主演は今回が初となる赤西さん. 映画以外での主演は2007年10月から放送されていた 有閑倶楽部 以来で、今回は主演と共に赤西さんのソロデビューが決定した. 楽曲は、映画と同タイトルの主題歌(今秋発売). ダンスサウンドのKAT-TUNとは違い、80年代に活躍した英バンド、デュラン・デュランを彷彿させる甘いロックサウンドで、赤西さんのルックスと歌声にピタリとハマっている. 赤西さんは、今月5日に都内で行われた「 東京ガールズコレクション 」でシークレットゲストとして登場し、一足早く同曲を披露している. その映像はこちら・・・ ストーリー: 本作は、90年代のアマチュアバンドブームを背景に、人気バンド”LANDS(ランズ)”のマネージャーとなった女子高生の目を通して、リードボーカルのナツ(赤西)と他のメンバーとの友情や確執、周囲の大人たちの欲望などを描く. タイトルには「BAND AGE(バンドの時代)」と「BANDAGE(包帯)」という2つの意味が込められており、夢を追う若者たちが傷つきながら成長していく 青春群像ドラマ になっている. 引用: BANDAGE公式webサイト ちなみに赤西さんと言えば、今話題の雑誌「 anan 」☆鼻血ものですよ! ! 衝撃の画像はこちら・・・! ! _________________________________________ 2本目の映画は月間マガジンで大人気連載が行われていた「 BECK」! ! BECKとは、漫画家 ハロルド作石氏 (40)が月刊少年マガジンで1999~2008年に連載. ロックバンド・BECKの個性あふれるメンバーや挫折と成功のストーリーが人気になり、単行本34巻の発行部数は 1500万部 の人気漫画であり、04~05年にテレビ東京系でアニメ放送されていたが、実写化は初めて. 原作は第26回講談社漫画賞の少年部門を受賞している. 主演は「メイちゃんの執事」で空前の執事ブームを引き起こした、 水嶋ヒロ さん! ! 今作ではカリスマ・ギタリスト兼リーダーの南竜介役. 帰国子女で英語が堪能という役どころは水嶋さんと同じですね. ボーカル兼ギターのコユキこと田中幸雄を演じるのは「メイちゃんの執事」で弟役を演じた 佐藤健 さん. ラップの千葉恒美を担当するのは 桐谷健太 さん、ドラムの桜井裕志は 中村蒼 さん、ベースの平義行を演じるのは今女性に大人気の 向井理 さんが担当する. UGG 2013 新作 ※詳しくは こちら をクリック! 映画のストーリー: 竜介(水嶋)は平凡な高校生コユキ(佐藤)と偶然出会う. 千葉(桐谷)、平(向井)とバンドを組んだ竜介はコユキと桜井(中村)も誘いBECKをスタート. コユキは天才的なボーカルの才能を開花させバンドもCDデビューするが、業界を牛耳るプロデューサーの陰謀に巻き込まれ、数々の試練にみまわれる. そんな状況下の中、飛び込んだロックフェスへの出演依頼. しかし、それはバンド存続にかかわる条件と引き換えだった・・・. BECKの運命はいかに・・・. 今回の映画の見所は漫画では音で聴けなかったBECKの演奏シーン. 劇中の演奏曲はバージョン違いも含めてオリジナルの 30曲 を制作中であり、製作側は「音楽は日本映画の中でも一番のレベルを目指す」とこだわっている. クライマックスでは全員が演奏する 大規模なライブシーン が予定されています. ちなみに映画は2 010年秋公開予定 . この2本の映画が2010年にロックブームを引き起こす! 来年の公開までこうご期待.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>