韓国大統領の側近、辞意表明 日韓防衛協力

日本との防衛協力を秘密裏に進めたとして韓国で批判が出ている問題で、韓国大統領府の金泰孝・対外戦略企画官は5日、李明博大統領に辞意を表明した. 金氏は李政権の発足時から、対日、対米外交や北朝鮮政策に大きな影響力を持ってきた. 前日には外交通商省の報道官も辞意を明らかにしたばかり. 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結をめぐる責任問題は、さらに拡大しそうな勢いだ. 李大統領の実兄の李相得・元国会副議長は、不正な金銭授受の疑いで最高検から聴取を受けており、政権周辺の混乱は収まる兆しが見えない. (ソウル=箱田哲也).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>