大経大・福島、通算100安打 関西六大学

関西六大学野球の秋季リーグは1日、皇子山球場で第2週の2回戦2試合があり、京産大と大経大が星を五分に戻した. 大経大の福島(4年、大阪桐蔭)が2安打を放ち、リーグ史上10人目となる通算100安打を達成した. 福島は大阪桐蔭が2008年夏の全国高校選手権で優勝した時のメンバー. 京産大は延長15回タイブレークの末、競り勝った. ◇ 京産大(1勝1敗)2―1大商大、大経大(1勝1敗)8―5大院大. 第2日、射撃男子10メートルエアピストル 予選】 射撃男子エアピストルの松田は、上位8人が進む決勝へあと2点足りなかった. 581点は44人中13位で、8位は583点. 最初の10発を98点にまとめたが、ミスを重ねた第2シリーズで94点と落ち込んだのが痛かった. 「調子は悪くなかった. レベルが高くて、ついていけなかった」 失速した第2シリーズは大幅な調整に踏み切れず. 「変える怖さに勝てなかった」と悔やみ、48発目を8点と落としたのも響いた. 北京大会は579点の18位だった. 「4年かけて2点上げた. あと4年で2点上げて、決勝へ行かなければ」. その前に8月5日の50メートルピストルがある. 「チャンスをもらっているので、集中して自己ベストを出したい」と心を切り替えた. (木村健一).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>