大島優子さん「晴れやかな気持ち」 卒業発

9日、柔道・講道館杯) 男子66キロ級決勝. 丸山が左足を大きく前へ踏み出した. 相手が逃げられないよう、上半身は固めてある. 「右手は相手の袖でなく、脇を持った方がきまるんです」. 豪快な大外刈りで、初優勝を決めた. NHK紅白歌合戦の放送中にAKB48からの卒業を発表した大島優子さんが番組終了後、報道陣の取材に応じ、「晴れやかな気持ちです」と心境を語った. 大島優子さん、AKB48を卒業へ 大島さんは「これから活動を続けていく他のメンバーの気持ちを考えるといろんな思いがよぎる」としつつも、「大島優子としては1人で活動していくことにわくわくしています」と話した. 卒業を発表する舞台に「紅白」を選んだ理由については「曲と曲の間でMC(語り)もあるし、ライブ感覚でもある. 前々から卒業も考えていたし、もしかしたら、これが最後の紅白かなと思った」という. 直前にプロデューサーの秋元康さんに相談したところ、秋元さんがNHK側に相談し了承をとりつけてくれたという. 卒業の時期については「未定. ずっといてもなんだよということになるので、頃合いを見て(関係者に)相談したい」とした. 発表まで「メンバーの誰にも話していなかった」という. 「悔いはないですか」との質問には「人生が終わってからでないとわかりませんね」とし、すっきりした表情で笑った.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>