国後島訪問、官房長官が批UGG 2013 新作判「日ロ関係に水

藤村修官房長官は4日午前の記者会見で、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土・国後島を訪問したことについて「日本の立場と相いれず極めて遺憾. 日ロ関係の前向きな雰囲気作りに水を差す」と批判した. 藤村氏はさらに「北方領土問題の解決のため、日ロ両首脳間の信頼関係のもとで精力的に交渉を行っていく」と述べた. 大統領だったメドベージェフ氏が国後島を訪問し、駐ロシア大使を一時召還した一昨年秋の対応との違いについては、「現状の情勢認識の違いだ」と説明した.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>