台風被害のヒノugg 激安キをたいまつに 復興願い那

世界遺産の那智の滝(和歌山県那智勝浦町)の前で14日、「那智の火祭り」があった. 激しく燃える大たいまつを担いだ白装束姿の氏子たちが「ハリヤー、ハリヤー」のかけ声とともに、参道の石段を練り歩いた. 乱舞する炎に、参道に詰めかけた観光客から拍手と歓声がわき上がった. 熊野那智大社の例大祭の神事で、たいまつの重さは約50キロに上る. 昨秋の台風12号の豪雨で大きな被害を受けた大社は、那智の滝近くで倒れたヒノキを今年のたいまつに利用し、一日も早い復興を願った.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>