世界の原発、発電量前年比4.3ugg クラシックミニ%減 原発

世界の原発の発電量は2011年に2兆5180億キロワット時となり、前年より4.3%減ったことが分かった. 英仏のコンサルタントらが6日、報告書をまとめた. 東京電力福島第一原発の事故が主な落ち込みの原因と分析している. 国際原子力機関(IAEA)のデータなどをもとに、仏民間研究機関の元代表、マイケル・シュナイダー氏らが集計した. 報告書によると、日本で1240億キロワット時、ドイツで310億キロワット時、減った影響が大きい. 世界の総発電量に占める原発の割合も11%で、1993年の17%から減ったという. 事故を受け、福島第一、第二の計10基のほか、ドイツ8基、英国1基の計19基が2011年の1年間に廃炉や将来的に再稼働が困難になった. 原発事故以降、ドイツ、ベルギー、スイス、台湾なども脱原発の方針を決めている. 報告書は「福島の原発事故が世界の原発開発に影響を及ぼし続けている」と指摘している.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>