上海で展開するコン・ゲームの行方は? T

4月5日より、テレビ東京他でスタートするTVアニメ『閃光のナイトレイド』. そのストーリーと登場人物を紹介していく. 本作は、テレビ東京とアニプレックスが共同で行っているオリジナルアニメ作品制作・放送プロジェクト”アニメノチカラ”の第2弾として制作された作品で、1931年の上海を舞台にしたスパイアクションだ. 原作およびアニメーション制作はA-1 Picturesが担当. 監督を『PERSONA – trinity soul -』の松本淳さん、キャラクター原案を『SAMURAI DEEPER KYO』の原作者・上条明峰さん、そして音楽を世界的なバイオリニストとして知られる葉加瀬太郎さんが手掛ける. なお、公式サイトでは本作のプロデューサーであるA-1 Picturesの大松裕さんとアニプレックスの足立和紀さんのインタビューが掲載されている. インタビューでは、本作が生まれた経緯やどんな作品を目指しているのかなどが語られているので、気になる人はそちらもチェックしておこう. 以下に、本作の第1話のストーリーと世界観、登場人物の紹介、そしてスクリーンショットなどを掲載していく. 『閃光のナイトレイド』第1話ストーリー 魔都と呼ばれた1931年の上海. 雑多な人種や国籍、階層、さまざまな人々が入り乱れる混沌とした、だがエネルギーあふれるその街で、日本人の財閥が誘拐されるという事件が起こる. そんな中、事件を解決すべく動く4人の若者がいた. それは、葵、葛、棗、雪菜とそれぞれに花の名を冠し、”桜井機関”と呼ばれる諜報機関に属する者たち. 特殊な能力を持つ彼らは、この事件の首謀者が、駐留日本軍との武器取引を目論む地方軍閥らしいという情報をつかみ、軍閥の本拠に潜入するが… . →次ページでは登場人物紹介&スクリーンショットを掲載.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>