キャサリン妃、4つの慈善団体のパトUGG 2013 新作ロンに

キャサリン妃が後援する慈善団体が、セント・ジェームズ宮殿より発表された. キャサリン妃は新たに、アルコールやドラッグ依存症の治療や更生を助ける団体「アクション・オン・アディクション」、ロンドンのポートレート専門の美術館「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」、小さな子どもや若い人々をサポートする団体「イーストアングリアズ・チルドレンズ・ホスピス」、身体的に困難のある子どもをサポートする団体「ジ・アート・ルーム」の4つの慈善団体のパトロンになる. また、英ノース・ウェールズで少年少女が所属するスカウト協会「スカウトアソシエーション」でもボランティアを行うという. セント・ジェームズ宮殿の広報担当によると、「ケンブリッジ公爵夫人が初めて後援する団体やボランティア活動は、芸術活動や野外活動の推進、そして発達障害や病気の子ども達の支援など、いずれも夫人の個人的な関心を反映したものです. キャサリン妃は、すでにケンブリッジ公が行っている慈善活動をさらに支援するために、今回の団体を選択しました」と発表した. キャサリン妃の慈善活動に関する詳細については、 こちらをチェック.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>